感圧紙専用接着剤(セット糊)
(左から内容量10g 40g)

セット糊製本に最適
このセット糊(のり)は「上用紙+中用紙」「上用紙+下用紙」「中用紙+中用紙」「中用紙+下用紙」(感圧紙の顕色剤と発色剤が接している面)という重ね方でのみ接着し、「下用紙+上用紙」の重ねでは接着しにくい特徴をもっています。
セットごとに重ねられた感圧紙の背にまとめてセット糊を塗っても、乾燥するとワンセットごとにさばく事ができて非常に効率的です。

セット糊の使い方
   1.組み合わせの確認をしてください。
     上用紙(A紙)、中用紙(B紙)、下用紙(C紙)の表裏を確認して正しく組み合せてください。
   2.接着面は、切れ味の良いギロチン刃でキレイに断裁してください。 切れ味が悪いと切口が下を向き、糊が入りにくくなり接着強度が弱くなります。
   3.糊は粘度の低い液状です。 やわらかくたっぶり糊を含むハケが適しています。
   4.糊は原液のままお使い下さい。 薄めると糊の組成バランスがくずれ性能が低下します。
   5.糊付け前の積上げたセット伝票の上に、糊付け面から約1cmずらして1~2kgの重しをのせます。
   6.糊付け後、テリがなくなってから(2~3分後)重しを糊付け面が被さるように移動します。
   7.このまま静かに自然乾燥させます(加熱すると糊の組成が変わって接着カが低下します)。
     セット伝票の組み合わせ枚数や温度・湿度によって違いますが、約30分~1時間で乾燥します。
   8.乾燥が終りましたら重しをよけ、感圧紙を軽く押えて接着面を優しくさばくと、セット毎に分離します。

セット糊の使用上のご注意
   1.この接着糊は、弊社発売の品番「101-」ではじまる感圧紙専用のセット糊です。
   2.減感作用がありますので、顕色面に飛散させないでください。 また、断裁面が白くなりますのでご承知ください。
   3.糊付け部に着色インキや減感インキのベタ印刷をすると接着不良になりますので、印刷は避けてください。
   4.上用紙(A紙)または下用紙(C紙)のないセットは、サバキが悪くなります。
   5.手丁合の突き揃えの場合は、糊付け面が不揃いになり、接着強度が低下する場合があります。糊付け面の揃えは十分に均一にしてください。
   6.用紙の目の方向は揃えてください。 目の方向が異なった用紙を混用すると接着不良になります。
   7.他の糊との混用は、絶対に避けてください。

<用紙の目について>
目とは、紙の流れ目をいいます。 これは紙の繊維が並んでいる方向を指します。 特徴として紙の流れ目に沿うと、破いたり、折ったり、丸め易かったりします。


http://www.arufun.com/
セット糊のご購入