ノーカーボン紙と経済

 感圧紙は、コンピュータの発展と普及に伴い各種の帳票類や伝票類などに多用され、その需要は驚異的な伸びを示してきました。  しかしここ数年は、景気の低迷や企業統合、経費削減、電子帳票化の進展などにより、需要が年々減少しています。

ノーカーボン紙のリサイクルについて

 再生の歩留まりは比較的高い。 しかし、再生後に色が残る、炭酸カルシウムやCODが比較的高い、亜鉛が多い、一部溶けず表面に残るなどの問題がある。 リサイクルが可能ではあるかは、製紙会社や各自治体の判断が必要である。
詳しくは各自治体にお問合せください。

ノーカーボン紙の説明一覧へ

http://www.arufun.com/
ご購入